熟年離婚か?

どうも、モラハラ父の鉾先が母に向かっているらしく、母の愚痴がスザまじくなってきた。そろそろ離婚か別居かなぁ。娘としては、さっさと別居して、離婚すれば良いのにと思うけど、なかなか踏み切れるものでもないよね。さて、どうなることやら。

子供の寝相の悪さ対策

3歳児の息子さん、めっちゃ寝相が悪い。おかげで、こちらまで寝不足気味。と言うのも、きっと暑いんでしょうね、なので冷んやりしているところを探してゴロゴロ。

そんな息子の為に、見つけました!ニトリの温度調整掛け布団。これは、ドイツの発明とかで、お布団の中は28-32℃ぐらいに保たれるらしい。と言うわけで、熱くなりすぎずにおとなしくなれるはず!

早速試してみたのですが、なかなか良さそうです。明け方みたら、布団を剥いでましたが、転がってはないようなので、多分マシなのかも。

おかげさまで、久し振りに熟睡出来ました。ありがとう、ニトリ

久し振りの飲み会

旦那さんに子供を預けて久し振りに飲みに出ました。めちゃ美味しい和食屋さん。一つひとつのお皿に色んな想いが入っていてとても美味しい頂きました。いつか料理学んで見たいな〜。

ところで、帰ったら息子さんは丁度寝かしつけられたみたいだったのですが、寝顔の可愛い事? やっぱ、たまに息抜き出来ると育児って楽なのにな〜って思いました。早くアメリカみたいにベビーシッター制度が整うといいのにな。つか、そこに需要があるのだから、商売になるかも!

実父のモラハラ

久しぶりに実父の不機嫌に直面しました。原因は昨日雪が降ったので、孫にスキーが教えたかったのに私が連れて行かなかったから。もーしょーもないったらありゃしません。でも、連れて行くの面倒くさかったんですよ。大雪降ってたし、スキー教えるったって、どうせ変な教え方しかしないし。昔自分が父からスキーを教わったんだけど、確かに滑れるようにはなったけど、未だになにが面白いのか実はよくわかってないし。

とにかく、めんどくさいこと言うから、昨日電話で適当にあしらっちゃったんですよね。そしたら、今朝、ウチの息子が風邪をひいてしまって、保育園に行かない、おばーちゃんちに行くと言い出したもんだから、もう大変。内心、「げー、マズイぞ」と思ったのだけど、とりあえず実家に送って行きました。そこで、お怒りモードの実父に直面!おーおー、怒ってらっしゃるわと思いながらも、ウチの息子は大はしゃぎだし、おばーちゃんいるからなんとかなるやろ、と放り込んできました。

まあ、息子がこれに懲りて行かないって言ってくれたら今後顔出さなくてもいいし、実父も孫の面倒が大変なら連れて来いとも言わんやろと言うことで、とりあえず荒療治中。さてさて、どうなることやら。

でも、実父って本当に教科書的なモラハラ野郎です。自分大好き過ぎて大変。常識もないし。小さい頃から苦労したけど、未だに苦労するわ。自分もそうならないように気をつけよう。自分の事を棚に上げて人に言うのはやめよー。

でも最近、父がめんどくさいので、母に向かって難癖つけ始めたら、直ぐに「お父さんの思う通りにさせて上げんさい。」とそれ以上ぐちぐち言わせるのを遮ってやってます。そうすることによって、父の主体性を奪って、なにも出来ない年寄り扱いするのが狙い。本当にめんどくさいわ。

でも、非常識な人が一人いるとめんどくさいなー。あ、これも多様性ってやつ?親は選べないけど、本当にめんどくさい。(でも、どこの親もめんどくさいんだよね。最近知った。)

イクメンじゃなく父親です。

うちのアホ旦那ですが、それこそ子供が生まれたばかりの頃は、「イクメン」と言う言葉に酔っていましたね。俺は、積極的に子育てしてるって。まあ、周りの子育てひと段落した女友だちがこぞって褒めたことも原因の一つでしょうけど。

でも、イクメンってただの父親ですよね。残念ながらウチの旦那が父親になったのは最近のことです。「産んだ後は俺が育てる」「オレはイクメンだ」って言ってた割に役に立たず、人の神経逆撫でしてましたね。

まず、夜中のミルク。その頃、夜中のミルクは2階の寝室からわざわざ階下のキッチンに作りに行ってたんです。そこで、旦那に作ってきてくれるようにお願いしたら、まずトイレを済ませるので、ミルクが遅くなるんですよ。確かにトイレに行ったからと言って時間的に変わるわけではないけど、まだ寝ぼけている間にミルクをあげて、さっさと寝かしつけたいのに、トイレによるので本格的なギャン泣きに変わってしまうんですよね。そうするとなかなか寝てくれなくなるんですよ。その頃は自分の事優先させんじゃない!早よ持ってこんか!ってな感じでした。まあ、私も産後、体調崩して辛かったので、少しでも早く治さなくちゃって焦ってましたから、余計にイライラしてました。まあ、結局、ミルクセットを2階に持って行くことで解決しました。それについても、ブツクサ言ってたっけ。

あと、お風呂。どこの家でもある問題だと思うけど、特に新生児の時は、どうやって一人でお風呂入れようか悩みのタネでした。でも、子供に風邪を引かせるわけには行かないから、寒くっても当然子供優先でした。それなのに、もう少し大きくなってから、息子が早く出たいとグズグズし始めたので、濡れたままの旦那にお願いしたら、「俺が風邪引くだろ」とな。今まで、私は風邪をひきそうになりながら一人で入れてましたけど?と言うわけで、その時は、風邪ひいて肺炎起こせばいいと思いながら、自分で黙ってやったら、その次からはやるようになりました。何事も経験ですね。

こう書いてて気がついたけど、危機管理能力が無いせいですね。自分のことより子供優先って事がわからなかったんだ。優先しないと後でつけが回ってくることが、想像出来なかったんですね。母親は、その辺否応なく危機管理するじゃないですか。でも、イクメンだから、仕事が休めなければ、妻が休んでくれるはずだし、妻の実家を頼ればいいと思ってましたからね。それに、あの頃は、食事だって、掃除だってなにひとつせずに社長だから出来ないと言い張ってましたから。それにひきかえ、私は2ヶ月で仕事に戻って、子育てと家事と仕事したら、そりゃ、産後クライシスまっしぐらでした。

まあ、今では、さすがに自分が休めるので、面倒見てくれるようになりました。もちろん、「仕事出来んかった」と愚痴られますがそのぐらいは許容範囲です。と言う訳で、一年前に会社をクビになって、子育てと家事を強制的にやらせたら、大分まともになりましたと言う話です。私も大分精神的に楽になったかな?本当に、男性に一年育休やらせたら、この国ってもう少しマシになるかもって思いました。でも、子育てに参加しなかった団塊の世代が会社から居なくなるまでダメかな?

それから後もう一つ。女性は妊娠中から、母親としての自覚が出てくるから、男性とは違うって言われますが、あれは嘘ですね。女性だって、初めての経験だから子育ては大変。でも、育てなきゃいけないから必死です。しかも、妊娠中の体調の悪さと出産の疲労でクタクタのところにいきなり子育て。無理やろ〜。そんな時、元気な男性諸君が替わりに頑張らんから、産後クライシスになるんですよ。今では、旦那に触られるのも嫌だわ。と言う訳で、産後クライシスを避けたければ、努力あるのみ。頑張れ。残念ながら、産後クライシスになってしまったら、ひたすら尽くせ。いつかは雪がとけるかも?

 

 

 

ピルの効果

ピルを飲み始めてから、1年が経ちます。感想から先に言っちゃうと、飲んで良かったって思ってます。

今飲んでいるピルはyaz。血栓症が話題の低容量ピルです。すでに、使い始めて、8ヶ月になりますが、良い事づくめです。

そもそも、何故ピルを飲み始めたかというと、出産後、月経過多になってしまったからなんです。そのため、生理が来るのがおっくうになり、そのせいでPMSにもなり、辛い産後生活を送っていました。色々(漢方やプレフェミン)試してみたのですが、症状は改善されませんでした。ただ、昔、ピルを試して、痒みと鬱で大変だったので、ちょっとピルには抵抗があったんですよね。それで、婦人科でその事を伝えると、いきなりニュープリンの注射でした。確かに生理は来なかったけど、副作用がキツくて、不安で仕方がありませんでした。広島で結構有名な婦人科の女医さんでしたが、余り信用できなくて、しばらくして通うのをやめました。

ただ、月経過多はその後も続いたので、なんとかしないと生活に支障が出ると考え、個人輸入でピルを試してみることにしました。以前の副作用から、経口投与に問題があるのかもと思い、まず、Nuvaringと言う膣内に挿入するタイプのピルを試してみました。半年試したのですが、痒みや鬱はないものの、体重が7kg増えてしまいました。(がーん) 仕事先で、またおめでたですかと聞かれて止める気になりました。まあ、月経過多もPMSも治らんかったし。

そこで、次に体重が減るという噂のあるyazを試してみました。この頃には、ピルは個人差が激しいので、ピル難民になりやすい事はよく分かっていたのでいつでも変える気満々で試してみたのですが、これが良かったんですよ。体重はスルスル減ったし、生理は来ないしw 生理は現在7ヶ月飛んでますが、海外のサイトで、「妊娠から、出産育児で2年も飛ぶ事もあるんだから大丈夫」という記事を見つけて、すっかり気を良くしています。PMS(不眠と便秘)は残念ながら来ますが、生理がない方が良いので、我慢できる範囲です。

と言うわけで、現在もyaz服用中です。多分、yazのお陰で私の産後は終わりました。ピルのお陰で明るくなってきました。是非、迷っている人がいたら、是非試してみると良いですよ。合えば、マジで普通の生活が送れます。

 

嘘つきへの反撃開始

パートナーがブログを書いているのだが、余りにも目に余る嘘つきなので、反撃する事にした。

と言うのも、きちんと言わなければ、旦那の嘘を容認した事になると思ったからだ。

私も自分の成果を人に取られるほど余裕がある訳でもないし、社会的に頑張ったからこそ、その成果が得られているのだ。なのに、それを横からかっさらわれるのは、やはり面白くない。なので、きちんと言うことは言おうと思う。

 

まず、一つ目は不動産の事だ。現在、3軒ほど、一戸建てを所有している。全て、私個人が買ったもので、旦那のお金も実家のお金も使っていない。純粋に自分が稼いで買ったものだ。なのに、旦那はさも自分が所有しているように人に言う。ブログに書く。いやいや、それは私のものなので、せめて、妻の所有物だと断りを入れよう。そう言うところが嫌いだ。

また、去年は故郷納税をしてみたが、それも私のだ。旦那のものではない。なのに、さも自分がしたかのように言う。

そして、私が産後うつである事をブログで書く。でも、正確に言えば、私がなっているのは産後クライシスで、産後、体調の悪い私を手伝わなかったために、旦那がゲジゲジのように嫌われているだけだ。それを人の病気みたいに言いやがって。単に、お前のことが嫌いなだけだよ。

そのうえ、会社をクビにされた事はブログお友達に内緒。まあ、会社をクビにされたのも、自業自得だし、本人以外の人間からは、当然の結末と思われている。しかも、バカな事に、退職金を支払ってもらったら、それをブログ(FBだったっけ?)に晒す始末。どこまでおめでたいんだか?

さらに、マルチ商法には引っかかるし、始めたばかりのバイトは辛いことがわかって、すでに文句言ってるし。給料をもらうって事は、大変なんだよ。

そのうえ、浪費癖もあって、収入以上に湯水の如くに金を使って、足りないとなると黙って私の貯金を引き出してた。しかも、一銭も出せなかった2軒目の不動産取得の時に100万も出したと思い込んでた。そんな事実は全くない。言うなら、その時相続の時に面倒かと思って共同名義にしただけだが、それを勝手に脳内変換してやがった。全く情けない。

 

と言う訳で、黙っていると好きな事を書かれるので、こちらも反撃開始だ。