読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘つきへの反撃開始

パートナーがブログを書いているのだが、余りにも目に余る嘘つきなので、反撃する事にした。

と言うのも、きちんと言わなければ、旦那の嘘を容認した事になると思ったからだ。

私も自分の成果を人に取られるほど余裕がある訳でもないし、社会的に頑張ったからこそ、その成果が得られているのだ。なのに、それを横からかっさらわれるのは、やはり面白くない。なので、きちんと言うことは言おうと思う。

 

まず、一つ目は不動産の事だ。現在、3軒ほど、一戸建てを所有している。全て、私個人が買ったもので、旦那のお金も実家のお金も使っていない。純粋に自分が稼いで買ったものだ。なのに、旦那はさも自分が所有しているように人に言う。ブログに書く。いやいや、それは私のものなので、せめて、妻の所有物だと断りを入れよう。そう言うところが嫌いだ。

また、去年は故郷納税をしてみたが、それも私のだ。旦那のものではない。なのに、さも自分がしたかのように言う。

そして、私が産後うつである事をブログで書く。でも、正確に言えば、私がなっているのは産後クライシスで、産後、体調の悪い私を手伝わなかったために、旦那がゲジゲジのように嫌われているだけだ。それを人の病気みたいに言いやがって。単に、お前のことが嫌いなだけだよ。

そのうえ、会社をクビにされた事はブログお友達に内緒。まあ、会社をクビにされたのも、自業自得だし、本人以外の人間からは、当然の結末と思われている。しかも、バカな事に、退職金を支払ってもらったら、それをブログ(FBだったっけ?)に晒す始末。どこまでおめでたいんだか?

さらに、マルチ商法には引っかかるし、始めたばかりのバイトは辛いことがわかって、すでに文句言ってるし。給料をもらうって事は、大変なんだよ。

そのうえ、浪費癖もあって、収入以上に湯水の如くに金を使って、足りないとなると黙って私の貯金を引き出してた。しかも、一銭も出せなかった2軒目の不動産取得の時に100万も出したと思い込んでた。そんな事実は全くない。言うなら、その時相続の時に面倒かと思って共同名義にしただけだが、それを勝手に脳内変換してやがった。全く情けない。

 

と言う訳で、黙っていると好きな事を書かれるので、こちらも反撃開始だ。